FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2試合 ブラックベリー vs みこみこウォリアーズ(2/2)


なおも間断なく息の合った連携で、鉄壁の防御に穴を空けようとするブラックベリーだが。死角から襲い来る2人の攻めすらも、月子はことごとく捌いてみせる!
それでも矢継ぎ早に斬り込み続けるランの姿に、ヤケになったのかと訝しむ声も出始めたがさにあらず。

この手の攻撃が月子に通用しないのは、退魔戦ですでに実証済み。もちろんランもそのデータは頭に入っており、本当の狙いはその先にあった。

「…ふっ!」

「…凌ぎ切りました月子さん! 様々な角度から執拗に攻め立てたブラックベリーでしたが、相変わらず背中に目がついてるかのような対応能力!
そしてこれは、さすがにブラックベリーの消耗も激しかった模様。ランさんティアさん共に、一旦退いて仕切り直し…い、いや!?」

「そこっ!!」

攻撃の波が止んだこの瞬間! 気が緩むまではいかないものの、わずかに息をついてガードを下ろしたその一瞬こそが、ランの目的だった。
退くと見せかけて身体を反転、大きく踏み込んでのフックが月子の顎を捉えた、かに見えたが!

「ぐふうううッッ!!?」

濁った悲鳴を上げ、ガクンと腰を落としたのはラン! その原因は胃のあたりにカウンターで入った、月子の掌打だった!

「ま、まさか…誘われた……!?」

「女子三日会わざれば刮目して見よ。…同じ失敗を繰り返すほど、愚かではありませんよ」

「く、うっ…!」

「ランっ!!」

月子の後ろにいたティアが慌てて割り込もうとするが、やや距離が離れすぎていたか。それより早くランの腕を手繰った月子は、間髪入れずに一本背負いを繰り出す!

ズダアアアァァァン!!!

「かはあっ……!」

「な、なんとぉ―――!!? 攻撃力皆無と思われていた月子さんですが、ランさんのお株を奪うカウンターからの見事な一撃!
鮮やかにランさんをマットに沈め、ティアさんとのタイマンに持ち込みました! まだ勝負は分かりません!!」

「…過去のデータに頼りすぎましたね。さて…」

改めてティアの方へ向き直り、構えを取る月子。ティアも気持ちで負けてはならないと頭では分かっていたが、信頼を寄せるランが倒された時点で、すでにそのプレッシャーに押されていた。

「最初はひよっこだと思ってたが、どうしてどうして。予選の3試合と巴子の死を経て、見違えるように成長したじゃねーか。いいねえ若いって」

「オヤジみたいですよヴォイドさん。…しかし、完全に流れが変わりましたか? もうこれ、ティアさんの攻撃が通る気がしないんですけど」

「そう思わせた時点で月子の勝ちだ。ブラックベリーも侮っていたわけじゃないだろーが、ちょっと覚醒っぷりに気付くのが遅かったな」

然り。ティアも決して攻撃の引き出しは少なくはないが…2人がかりのコンビネーションすら全部防がれ、あまつさえ直後の隙さえ罠だったという事実。
もはやティアの脳裏には、何をしても月子のディフェンスを抜くことはできないという思いが、無意識のうちに刻まれてしまっていた。

「…ぜはー……はー………はー……」

表向きはいくら諦めていない風を装っても、そんな心理状態ではヴォイドさんの言葉通り、勝負はついたに等しかった。

その後ティアは数十分に渡り月子の掌の上で転がされ、息も絶え絶えになるまでスタミナを搾り取られることになる。全身汗まみれでぐしょぐしょなため、もともとぴっちりな漆黒のバトルスーツはさらに肌に張り付き、成長途中ながら出るところが出始めた身体のラインがくっきりと浮かび上がってとてもえろい。
月子に野次を飛ばしていた観客もいつの間にか手のひらを返し、その姿を囃し立てる有様である。

なお割といつでもトドメを刺せるのにも関わらず、月子も寸止めで徹底的にティアの心が折れるまで試合を続けるあたり、博愛ドSの本領発揮といったところか(本人にその自覚はない)。

「…まだ続けますか? 続けますよね? ギブアップという選択肢はないんですからふふふ」

「こ……このっ……!」

繰り返すが本人にその自覚はない。挑発にしか聞こえない台詞ではあるが。
しかしすでにティアも限界、まだ抵抗を続ける意思は見せるものの、立っているだけで精一杯。もはや疲労のあまり、手を出すことすらできない状態だった。
それを見て取った月子は、構えを維持したまま摺り足でゆっくりと距離を詰める。

「久しぶりにお互い全力を出し尽くした、いい試合ができました。ありがとうございます」

思わず認識のズレっぷりに突っ込もうとしたティアだったが、そんな体力ももう残されてはいなかった。
お礼の言葉と共にカクンと軽く顎を揺らされただけだったが、最後の一押しとしてはそれで十分。膝が折れ、そのまま頭からマットへ突っ伏し動かなくなる。

「ぎゃ…逆転―――――!!! 月子さん、あそこからまさかの逆転勝利!!
一皮剥けた防御の化身、今日は最後まで完璧な内容を貫きました!!」

「マジか―――!! ホントに地下は何があるか分からんな…貴音が落ちたところで、賭け券破り捨てて出ていった隣の奴は元気かオイー?」
「つくづく中盤以降は、スパロボの底力がかかっているかのような補正だったな…。しかしこりゃ、次の甲斐姉妹戦も面白くなりそうで何よりだよ」
「今まではドラゴン紫龍の盾並の防御力だと思ってたが、一気に評価上がったよなあこれ。武装錬金のシルバースキン…は知名度的に微妙だろうか」
「はっはっは、しっかし圧倒的に有利なあの状況から引っくり返されるとは、ブラックベリーも情けない! 予想外の事態に対応できんようじゃ、まだまだ青いのう!」

清々しいまでの観客の豹変っぷりに、実況も解説もお前らさっきまでの言動を思い出せと言いたげな表情で顔を見合わせるが。
最終的に勝った者こそが正義。これも地下ではよくある光景、仕方のないことである。

「ふう…。あ、そういえばこのカウンター馬鹿もとい馬鹿は、一体何しに来たんでしょうかね」

すっかり忘れられていたが、貴音はいまだティアに締め落とされた時のまま、リングサイドで放置されていたりした。
つんつんと月子にほっぺをつつかれたりするも、一向に目を覚ます様子はない。

「…え。もしかしてこのカウンター馬鹿、私が連れて帰らなきゃ駄目でしょうか?」

「はいー、頑張ってくださいー」

「…ぐえー。身長差的に、背負うのとか厳しいんですけど。
やむを得ません、こうするしかありませんか」

月子も疲労は相当なものであり、もとより腕力自体大してある方ではない。
見た目など気にしてられるかと貴音の襟首を掴み、そのままずるずると引きずりながら退出。およそ勝者とは思えないシュールなひとコマではあったが、思わずほっこりした観客からは改めて今日の試合内容を讃える、惜しみない拍手が送られる。

一方で残されたブラックベリーには、容赦のない罵りと嘲笑が浴びせられるのも、またいつものこと。
予選から通してもおそらく最大の逆転劇を許してしまったこともあり、このチームも下位に落ちる可能性は十分なのではと、そこかしこで囁かれはじめるのも無理からぬことであった。



「…というわけでですね。次は私が楽に運べるように、貴女にはもっと痩せることをお勧めします。力石徹くらいに」

「やーめーてー。これ以上痩せたら、ジョルトに体重が乗らないんだってばー」

テーブルの上が空になった後も、滾々と試合内容を語りながら月子の説教タイムは終わる気配を見せず。
まあしかし、まったく役に立たなかった後ろめたさもあるのだろうが。逃げ出さずにちゃんと付き合ってあげるあたり、何だかんだで貴音も人はいいのかもしれなかった。



1時間25分42秒
Winner みこみこウォリアーズ 3勝1敗 上位トーナメント2回戦進出
Loser ブラックベリー 2勝2敗

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

第2試合 ブラックベリー vs みこみこウォリアーズ(1/2)PageTopEXマッチ ランページ・ヴィーナス vs ギガントヴィエーディマ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tikaryona3.blog.fc2.com/tb.php/208-d3d53582

お知らせ

トーナメント本戦 組み合わせ表

トーナメント表1-2

トーナメント表2-2

上位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合 
甲斐姉妹vs
カワイイ幸子と愉快な仲間

☆第2試合
ブラックベリーvs
みこみこウォリアーズ

☆第3試合
春夏繚乱vs
ギガントヴィエーディマ

☆第4試合
ツヴァイシュメッタリンvs
The Childish

下位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合
ランページ・ヴィーナスvs
蒼黒の第五元素

☆第2試合
忍拳潮流vs退魔コンビ

☆第3試合
ちっぱいメイドズvs
ビッグ・ボンバーズ

☆第4試合
ダブルエックスvs
ギガントヴィエーディマ

参加タッグ一覧

タッグ01 タッグ02 タッグ03 タッグ03-c タッグ04 タッグ04b タッグ06 タッグ07 タッグ08 タッグ09 タッグ10 タッグ10b タッグ10c タッグ13 タッグ14

3期参加闘士一覧

地下3-1b 地下3-2 地下3-6 地下3-6b 地下3-6c 地下3-8 地下3-9 地下3-9b 地下3-10 地下3-11 地下3-12 地下3-12b 地下3-14 地下3-14b 地下3-16 地下3-17 地下3-19 地下3-20

地下3-3 地下3-5 地下3-13 地下3-15 地下3-15b 地下3-4 地下3-4b 地下3-7

地下3-Q 地下3-λ

最新コメント
最新記事
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。