FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3試合 蒼黒の第五元素 vs 甲斐姉妹(3/3)


半ば戦闘不能の芽依をかばうように応戦する涼子だったが、さしもの彼女にしても動揺は拭えなかった。その上、芽依ほどではないにしても、残された体力は限界に近い。
それでも勝負を捨てるなど、涼子にとっては考えられないこと。わずかな力を振り絞り、執拗にベアハッグを狙ってくるロベルティナを懸命に捌く!

「ホゥ……この期に及んでも、まだ抵抗しやがるか。いいぜぇ、その方が食い応えがあるってもんだ!」

「んっ、ふうっ…あなたに食べられるつもりなんて、さらさらありませんの……っ!」

しかし青息吐息の獲物を前に、ロベルティナはこれまでのダメージなどなかったかのように生き生きと追い回す。逆に涼子がガス欠に陥るのは時間の問題。足が止まり腕もろくに上げられなくなったのを見計らって悠々と密着すると、首に手を回してみぞおち付近へ膝の連打を叩き込む!

「ぐぶっ…! や、やめっ…がぼおっ!!」

「さあ、とくと味わわせてもらおうかぁ!!」

「う……な、何を……?」

「おーっと! ロベルティナさん、完全にグロッキーになった涼子さんをセカンドロープに拘束! 膝立ちにしたまま腋の下にロープを通し…これは一体?」

「ベアハッグしか能がないと思われんのも、心外だからなあ! こんなのはどうよ!」

そして向かい合った状態から涼子の肩越しに跨り、頭を押さえつけ股間にキスをさせているような格好になる! というか生えているかいないかの違いだけで、ぶっちゃけ傍目にはイラマチオしているようにしか見えない。

「む゛~~ッッ!! むぐうッ! ~~~~~ッッ!!」

しかし一物が存在しない分、顔面はロベルティナの下腹部へ隙間なく埋め込まれているわけで。涼子としては鼻と口を塞がれ、呼吸を禁じられたに等しい状態。くぐもった呻き声を漏らし首を振って酸素を求めようとするが、両腕をロープに絡みつけられていてはどうすることもできなかった。
実はむしろ、その抵抗こそがこの技の目的…自身の敏感な部分を涼子の吐息で刺激されるたび、ロベルティナはうっとりとした表情を浮かべさらに締め付けを強くする。改めて真性レズビアンたる性癖をまざまざと見せ付ける彼女に、場内はこの試合一番のボルテージに達しようとしていた。

「く……っ、涼、子っ……おごおッ! ぶぐううぅぅぅ……ッ」

その一方、反対側のコーナーではサンドバッグと化した芽依を京が殴り続けており、鈍い打撃音と濁ったえずき声が聞こえてくる。
涼子が捕らえられた直後、芽依も満身創痍の身体を引きずり助けに向かおうとしていたのだが…この局面で京がそんな横槍を許すはずがなかった。
もはやフットワークもままならない芽依は、近付くどころかボディの連打を受けあえなく対角線上まで押し込まれる有様。そして京も、わざわざ姉の趣味に付き合うつもりなどさらさらない。そのままこの試合を終わらせるべく、完全に棒立ちの芽依を容赦なく滅多打ちにしていく!

「ぬおおリングに近いいい席取ったのが仇となったか! 端と端で二人同時に嬲られるとか、視界が追いつかねーぞコラー!」
「はっはっは、ちょっと上の席の俺勝ち組w いいねえ…おっぱいとちっぱい、対照的なボディがそれぞれ蹂躙されるこの光景。最高の酒の肴だよ」
「お、大型スクリーンもしっかり画面分割して、二人の様子をアップで映してくれるとは! GJだ中継スタッフ!」
「ファファファ…涼子の方は表情が見えないとはいえ、ロベルティナの尻の下ででかい乳がぶるんぶるん揺れおる。これもまた乙なものよ。」

「ん゛ん゛ん゛~~~~~ッッ!! ~~~~!! ぶふっ…ぉ………」

「ひぐぅ……う……がはっ!! ぷぎゃあ!? お゛、お゛、お゛え゛ぇぇぇ………!!」

一際大きく痙攣した涼子が股間を湿らせて落ちるのと、芽依の口から吐瀉物が迸り、マットに膝をついて土下座するように倒れ伏すのはほぼ同時だった。振り返ったロベルティナは片方の獲物を取られたことに不満気な視線を向けるが、妹の方は気にした様子もなく、芽依の頭を踏みつけ立ち上がってこないのを確認する。

「決着ーーーー!!! 二転三転したシーソーゲーム、最後に微笑んだのは甲斐姉妹! 抜群のチームワークで見せ場は作った蒼黒ですが、そびえ立つタフネスの牙城は崩せずついに力尽きました!!」

「イヤッホーゥ! マジで化け物かよおめーら! 女どころか人間の耐久力じゃねーぞ!」
「1回戦はやはりブランクのせいだったか。ま、そのおかげで蒼黒の無様な負けっぷりも見られたし。上位トーナメントでも期待してるぜー!」
「あらあら? まあまあロベルティナさん、失神した涼子さんのおっぱいをお餅でもこねるようにまさぐっちゃって」
「ほほほ、だってさっきまでの気丈さが微塵もないぐしょぐしょのお顔で、あんなハレンチなおっぱいを投げ出されたら。我慢する方が無理ってものでしょう…ねえ?」
「ああ、勝者の役得とはいえ羨ましいですわー! 早く処分されてくださいまし涼子さん! わたくしが絶対に買い取りますから!」

客席の一角では同好の士のマダム達が会話に華を咲かせているが、もちろん男達にとってもこの試合後のお楽しみは待ってましたと言わんばかりの展開。開始直後から涼子に目を付けていたロベルティナが、このままリングを後にするなどあるわけがない。

「……ぅ………ぁ…………」

「くくくっ、散々お預けをくらった甲斐があったってもんだ。思う存分、しゃぶり尽くしてやるぜぇ…」

かくして酸欠により全身の筋肉が弛緩した涼子は、公衆の面前で慰み者としてあられもない姿で弄ばれることになる。ディープキスをされながら股間をまさぐられ、意識のないまま身体を弓なりにし、潮を噴き出すその痴態。さらに、伸縮性に富む強化スーツはロベルティナの力でも引き千切れないものの、汗その他の液体で貼り付きうっすらと透けるフィット具合は裸よりもかえってエロさを強調する…かくも濃厚なレズビアンショーに、観客の興奮は終始留まるところを知らなかった。もちろん、最も昂ぶっていたのは他ならぬロベルティナ本人に違いなかったが。

さらに意識はあれど指一本たりとも動かせない芽依の方も見過ごさず、生意気な小娘への制裁とばかりに突き出したお尻へ平手打ちの連打。土下座姿勢のまま照明を浴びる形のよいお尻は真っ赤に腫れ上がり、芽依は地下における敗者の扱いをまざまざとその身に刻み込まれるのだった。

「は、はひっ………! やめっ、んぁうぅッ! たた、くなぁッ……!」

「……ご………ぷ…………、ひゅっ……………」

なお京は、付き合ってられんととっくに退出済み。まあロベルティナとしても、ここから先はお子様禁止な世界なので止める理由はない。



小一時間後。
涼子と芽衣の身体を余すことなく歪んだ性欲のはけ口として使いまくったロベルティナは、ようやく満足そうに腰を上げる。
マットに横たわり、見下ろされる二人は息も絶え絶えで、だらしなく涎と鼻水、そして小水をも垂れ流し続ける。その光景はまさに、レイプ後の現場としか形容しようがなかった。

「いい具合だったぜ、お二人さん。また抱かれたくなったら、いつでも相手してやるよ」

「ひ……ぐひゅぅ……ふ……」

「ぁ………ぉぉ………」

「ロベ、お前マジで最高だーー! 次も頼むぜ、大統領!」
「ああ……あの荒々しくも的確に弱いところを刺激する指使い……わたくしも抱かれたいですわぁ……」
「見ろよw仰向けになっても形が崩れず、呼吸に合わせてぷるんぷるん揺れてやがるwwwお餅つーかプリンだな涼子のおっぱいはwww」
「尻叩かれてお漏らしとか、芽依の情けなさも大概だぜw ばっちり録画させてもらったし、今夜のオカズは決定だな!」

いまだ熱気の冷めやらぬ場内を、大歓声に応えながら悠然とロベルティナは退出する。妹ともども改めてその非常識すぎる頑丈さを見せつけた甲斐姉妹。次の獲物となるのは誰なのか、上位進出チームのデータを見比べ、客席のあちこちから予想を交わす声が聞こえてくるのも当然と言えよう。
一方、チームワークは間違いなく今大会屈指の蒼黒だが、それだけで勝てるわけではないのもまたタッグの妙味。もっとも決して個々の技量が低いわけではなく、今回は相手(と出目)が悪かった面も大きかったのだが。

…しかし、結果としてこれで2連敗となり下位トーナメント落ち。厳しい状況に立たされたことには変わりない。
エデンが守護天使、能天使プルエルが覚醒する日は訪れるのか。はたまた、その使命を果たすことなく翼をもがれ闇へと葬られるのか。
観客の嘲笑と劣情に満ちた視線、そして絶え間なく炊かれ続けるフラッシュを浴びながら、涼子は屈辱に身を震わせる芽依の手をそっと握るのだった。



1時間2分30秒(+凌辱タイム55分弱)
Winner 甲斐姉妹 2勝1敗 上位トーナメント進出
Loser 蒼黒の第五元素 1勝2敗 下位トーナメント転落

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

第3試合 蒼黒の第五元素 vs 甲斐姉妹(2/3)PageTop年末新春エキシビジョンマッチ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tikaryona3.blog.fc2.com/tb.php/191-cc0d7c0d

お知らせ

トーナメント本戦 組み合わせ表

トーナメント表1-2

トーナメント表2-2

上位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合 
甲斐姉妹vs
カワイイ幸子と愉快な仲間

☆第2試合
ブラックベリーvs
みこみこウォリアーズ

☆第3試合
春夏繚乱vs
ギガントヴィエーディマ

☆第4試合
ツヴァイシュメッタリンvs
The Childish

下位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合
ランページ・ヴィーナスvs
蒼黒の第五元素

☆第2試合
忍拳潮流vs退魔コンビ

☆第3試合
ちっぱいメイドズvs
ビッグ・ボンバーズ

☆第4試合
ダブルエックスvs
ギガントヴィエーディマ

参加タッグ一覧

タッグ01 タッグ02 タッグ03 タッグ03-c タッグ04 タッグ04b タッグ06 タッグ07 タッグ08 タッグ09 タッグ10 タッグ10b タッグ10c タッグ13 タッグ14

3期参加闘士一覧

地下3-1b 地下3-2 地下3-6 地下3-6b 地下3-6c 地下3-8 地下3-9 地下3-9b 地下3-10 地下3-11 地下3-12 地下3-12b 地下3-14 地下3-14b 地下3-16 地下3-17 地下3-19 地下3-20

地下3-3 地下3-5 地下3-13 地下3-15 地下3-15b 地下3-4 地下3-4b 地下3-7

地下3-Q 地下3-λ

最新コメント
最新記事
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。