FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8試合 ブラックベリー vs リトル・ボンバーズ(1/2)

ランsティアs   セリーナsグリレs

ブラックベリー  オーナー:武蔵氏
ラン
身長159cm 体重50kg 3サイズ B84 W56 H79 年齢:15歳
試合コス:ブラックベリーで採用されている全身をぴっちりと覆う漆黒のバトルスーツ
ティア
身長157cm 体重49kg 3サイズ B80 W55 H77 年齢:15歳
試合コス:ブラックベリーで採用されている全身をぴっちりと覆う漆黒のバトルスーツ

リトル・ボンバーズ  オーナー:asa氏&azm氏(地下直属チーム)
セリーナ・ベアトリス・タナカ
身長157cm 体重41kg 3サイズ B77(Bカップ)W53 H77 年齢:12歳
試合コス:シスター風上着とウィンプル(頭巾)に、臍の部分が開いた光沢の強いハイレグレオタード。後ろ側はTバック。
グリレ
身長156cm 体重43kg 3サイズ B74 W54 H80 年齢:17歳
試合コス:黒ビキニ、下はその上からローライズのホットパンツ



「………!! やっぱり、罠だったか…?」

「じょ、冗談やめてー! 折角助かったと思ったのにさー!!」

この2回戦から登場となる新チーム、ブラックベリー。チーム名を象徴するかのような漆黒のバトルスーツに身を包み、想像以上の大観衆にやや面食らった様子を見せながらも、リングに向かい歩を進めてきた二人であったが。実況席に座るローズを目にした途端、あからさまにその顔つきが変わり、花道の途中で二人とも露骨な戦闘態勢へと移行する!

「…? やはー、どこかでお会いしましたっけ?」


…3期では木場麻衣が特殊捜査官としてCAに乗り込んでいたが、この船の闇を暴くため活動している組織は、他にも複数存在する。
ランとティアの所属しているブラックベリーもそのひとつであり、3期終了後に一個小隊を編成してCAの研究施設へと潜入していたのだった。しかし、そこで運悪く暴走状態のローズと遭遇し、激闘の末部隊は全滅。彼女達だけが一命を取りとめ、今日まで治療を受けてきたのである。
当然捕虜として尋問にかけられると思っていた二人だったが、CAから提示されたのは闘士としての大会への参加。そして訝しがってたところへこのエンカウントである。動揺するなという方が無理な話だろう。
が、当のローズは二人のことなど覚えていないのか。いつも通りのペースで頭に?マークを浮かべたまま、にこやかに手を振ってるだけだったりする。

「あー、ぶっちゃけあの後いろいろあってだな。こいつからDG細胞を除去した結果、当時のことはすっぱり忘れちまったらしいんだわ」

「はいー。もしやご迷惑とかおかけしましたでしょうか?」

隣に座ったヴォイドのフォローに、ランもティアも目を丸くし顔を見合わせる。もちろんにわかには信じられない言葉、まだ警戒を解こうとはしない二人だったが…。

「ま、そんなわけで今のこいつは無害そのもの。ただの実況だからそう構えるなって。
お前らの対戦相手は別にいるんだから、まずはそっちに集中した方がいいと思うぜー」

(…どう思う、ラン?)

(真意は分からないけど、私達を公開処刑するつもりはなさそうね。本当にここのルール通りに試合をさせてくれるなら、生き延びるチャンスはまだあると思うわ)

(だねー。いやー、マジでびびったぜ! あの化物とまた闘うなんて、今度こそ死んだかと思ったさ!)

(楽観しない…どんな相手が出てくるのか、まだ分からないんだから)

などと、ブラックベリーが小声でこそこそ話し合ってる間に。その相手チームも反対側のゲートから姿を現し、場内の歓声が一際大きくなる。
それもそのはず、リトル・ボンバーズのうちの一人は、一試合だけだが3期で鮮烈な印象を残した闘士だったからだ。

「セリーナ・ベアトリス・タナカ! マリアテレーズ相手に白星を挙げた運営直属闘士が、ここで出てきたか!」
「相変わらずシスターとは思えない格好だが、実力は確かだからな。まずはブラックベリーのお手並み拝見ってところかねー」
「もう一人は誰だ? せっかく露出の高いビキニ着てるのに、目つき悪すぎてそそられないっつーか。あいつも直属か?」

3期終了後も時折単発の試合に駆り出されていたセリーナだったが、タッグが始まってからは出番もなく、しばらく待機状態が続いていた。しかし基本的に金を稼ぐ目的でここにいる彼女、ファイトマネーを得る手段はないかとスタッフに相談したところ、紹介されたのがこのグリレだった。
The Childishの春日と同様、肉団子にされる予定だったところをオーナーの気紛れによって生きながらえた彼女もまた、その代償として試合に出るためパートナーを探していた。かくして二人はリトル・ボンバーズを結成、参加チームが奇数となった今回、ブラックベリーの対戦相手として抜擢されたというわけである。

「GRRRRRR………」

「さて、じゃー久しぶりにお仕事といきますかね。あーグリレ、アンタバーサク入るとタッチとか受けてくれないから、アタシが先に出るわ」

「ガォウ」

「そー言わない、勝たなきゃアンタだって肉団子でしょ」

不満そうに唸り声を上げるグリレだったが、それ以上は突っかからずリトル・ボンバーズの先発はセリーナ。ブラックベリーは落ち着いた物腰のランがリング上にスタンバイ、両者の視線が交錯し…2回戦最後となるゴングが高々と打ち鳴らされた!

「おーーっと、いきなり仕掛けたのはセリーナさん! 『ジンガ』と呼ばれるカポエイラ独特の動きから、大きく身体を捻っての外回し蹴り!!」

「アルマーダって奴だな、様子見とかすっ飛ばしやがったか。確かに初戦で身体もほぐれてない相手、当たれば一気に流れを持っていけるだろうが…」

ヴォイドの言うとおり、それがセリーナの狙いだったが、ランもしっかりローズのことから頭を切り替え試合に集中していた。セリーナの爪先はランの艶やかな黒髪をかすめるのみ、そして即座にカウンターの裏拳が顎へと叩き込まれる!

「つあっ…! やるねー、今のはちょっと舐めすぎだったかな」

「カポエイラ…動きは派手ですが、実戦で使うには隙が多すぎますね」

「言ってくれるじゃん。だったらもっと、ギア上げていっちゃうよ!」

なおも怯まず先手を取り続けるのはセリーナ、今度は地面に手をつき円を描くようにカカトを繰り出す、メイア ルーア ジ コンパッソ! 再びランもカウンターを合わせようと試みるが、これはさっきのアルマーダより一段キレが鋭かった。曲がりなりにもそれなりの実績を挙げている闘士、セリーナの足技はそう容易く攻略できるレベルではない。

「く、う……ッ!!」

「げほっ……! こ、この速さでも相打ちかよ?」

だが、タイミングを外されながらも拳を振り切り当ててくるランもさすがと言うべきか。相打ちとはいえダメージレースでやや不利になったこともあり、これでセリーナは迂闊に攻め込めなくなった。逆にリズムを掴んだのはラン、矢のようなジャブの連打で反撃に転じる!

「これは見応えのある打撃戦になってきました! ランさんの方は、後の先で相手の力を利用するのが攻撃の起点…システマでしょうか?」

「だな。ただし木場麻衣が使ってたのと違って、それに独自の打撃技もミックスさせてる感じだ。この辺は組織や教官とかの方向性かねえ」

「なるほどー。さあ、序盤は多彩な足技を繰り出していたセリーナさんですが、ちょっとカウンターを警戒して受け身になってしまいましたか。ランさんもそれならばと自分から手を出し、次第に形勢が傾きつつあります!」

(やっば…思った以上の使い手だったわ。ガードしてても容赦なく急所狙ってくるし…仕方ない!)
「グリレ! 出番よ!」

「GAAAAAAAAAAッッ!!!」

さすがにこのままではまずいと判断、セリーナはコーナーを一瞥して合図を送る。すでにポストによじ登っていたグリレは、待ってましたとばかりに豪快にダイビング! 大きく肘を振り上げ、獲物を狙う肉食獣のごとくランの胸元へと叩きつける!

「あぐああぁぁぁッッ!!」

「ランっ!!」

セリーナの流麗な動きには冷静に対応できていたランだったが、この後先考えない荒々しい奇襲には咄嗟に身体がついていかなかったか。さながら巨大な牙が鎖骨付近に突き刺さるかのような衝撃を受け、そのままグリレに押し倒されるような格好でマットへ尻餅をつく。さらに間髪入れずもう一撃、マウント状態から肩口を噛み砕かんとばかりにその肘が振り下ろされるが…ティアも即座に飛び込み、側面からのスライディングタックルで妨害! バランスを崩したグリレのエルボーは目標を外しマットを揺らすのみ、その間にランも無事マウントから脱出してみせる。

「らしくないな、大丈夫か?」

「ええ…油断しないで。どっちも一筋縄でいく相手じゃなさそうよ」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

予選3回戦 組み合わせ抽選PageTop第8試合 ブラックベリー vs リトル・ボンバーズ(2/2)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tikaryona3.blog.fc2.com/tb.php/185-4a607c4e

お知らせ

トーナメント本戦 組み合わせ表

トーナメント表1-2

トーナメント表2-2

上位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合 
甲斐姉妹vs
カワイイ幸子と愉快な仲間

☆第2試合
ブラックベリーvs
みこみこウォリアーズ

☆第3試合
春夏繚乱vs
ギガントヴィエーディマ

☆第4試合
ツヴァイシュメッタリンvs
The Childish

下位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合
ランページ・ヴィーナスvs
蒼黒の第五元素

☆第2試合
忍拳潮流vs退魔コンビ

☆第3試合
ちっぱいメイドズvs
ビッグ・ボンバーズ

☆第4試合
ダブルエックスvs
ギガントヴィエーディマ

参加タッグ一覧

タッグ01 タッグ02 タッグ03 タッグ03-c タッグ04 タッグ04b タッグ06 タッグ07 タッグ08 タッグ09 タッグ10 タッグ10b タッグ10c タッグ13 タッグ14

3期参加闘士一覧

地下3-1b 地下3-2 地下3-6 地下3-6b 地下3-6c 地下3-8 地下3-9 地下3-9b 地下3-10 地下3-11 地下3-12 地下3-12b 地下3-14 地下3-14b 地下3-16 地下3-17 地下3-19 地下3-20

地下3-3 地下3-5 地下3-13 地下3-15 地下3-15b 地下3-4 地下3-4b 地下3-7

地下3-Q 地下3-λ

最新コメント
最新記事
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。