FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3試合 ランページ・ヴィーナス vs ちっぱいメイドズ(1/2)

雫さんsミリアムs   鈴木s姫s

ランページ・ヴィーナス  オーナー:遊馬氏
月嶋 雫
身長162cm 体重50kg 3サイズ B92 W58 H89 年齢:22歳
試合コス:青と白ベースの試合用レオタード
ミリアム・梨沙・シンクレア
身長173cm 体重63kg 3サイズ B93 W56 H86 年齢:23歳
試合コス:薄いラセットブラウンの試合用レオタード

ちっぱいメイドズ  オーナー:六目さん
鈴木
身長158cm 体重47kg 3サイズ B66 W56 H71 年齢:21というのは秘密
試合コス:日本のサブカル的なメイド衣装(黒)。たまにテカテカしてたり、ジャラジャラしてたりする
六目 姫
身長143cm 体重36kg 3サイズ B66 W56 H71 年齢:0歳6ヶ月
試合コス:和装メイド。大正ロマン的な



「あっ! あぐうっ! んはあぁっ!!」

激戦の末僅差で蒼黒が勝利をもぎ取った第1試合、春夏が巧みに流れをコントロールし下馬評を覆した第2試合とはうって変わって、第3試合は序盤から容赦ないワンサイドゲームが展開されていた。天内悠めいた跳躍力をもって上空からおっぱいを踏みつけまくる鈴木の戦術は、女子プロ出身のランページ・ヴィーナス二人にとって未知の領域だったというのももちろんあるのだが。それ以上に実力差そのものが話にならないほど開いているのは、闘っている雫本人が痛いほど思い知らされていた。

「まさか…ここまで私達の力が、通用しないなんてっ…!」

パートナーのミリアムは雫を庇ってお腹への前蹴り→顔面ヤクザキックのコンボを喰らい、すでに無様なガニ股の姿勢でリングの片隅に横たわっている。端正だった顔立ちは見る影もなく腫れ上がり、ポンプのように胸を上下させ吐き出し続ける胃の内容物は、傍から見ている人間にも否応なくその蹴りの凶悪さを伝えていた。

「今だ! キックを使え! 目だ!」

「うるさいロリ子! 初の実戦で興奮してるのは分かるけど、少し黙ってられませんか!」

しかもちっぱいメイドズはまだ一度も交代しておらず、六目姫はコーナーからハッスルした様子で好き勝手な檄を飛ばしている。…明日葉姫乃のクローンという触れ込みだったはずだがこの少女。一体何を間違えてこうなった。
それにしても、ランページ・ヴィーナスは曲がりなりにも団体の王座に就いた雫と、その親友として切磋琢磨してきたミリアムというそれなりに実績のあるタッグ。そんなものはここではあまりアテにならないのが常識とはいえ、他のチームと比較しても、決して見劣りするようなスペックの持ち主ではない。…要は、鈴木が外見からは想像できないレベルの使い手だったという話である。

「ヒャッハー! いいぞいいぞ鈴木ー! そのまま雫も同じ目に遭わせてやれー!!」
「何でお前らが地下で闘うことになったかは知らねーが、努力と根性なんてこっちでは通用しないんだよ!」
「表の試合を見てたときも、最後には逆転しちまうのが不満だったからなあ! 何度おかずにし損ねたことか!」

観客も前の試合で溜まっていた鬱憤を、ここぞとばかりにぶつけてくる。プロレス雑誌はもちろん、週刊誌やスポーツ新聞などでも、苦難を乗り越え頂点に立った雫のサクセスストーリーは大きく扱われていた。そんなヒロインとして脚光を浴びていた彼女が、手も足も出ずフルボッコにされるという願ってもない展開。春夏繚乱の勝利で湿っていた雰囲気は、今や完全に吹き飛んでいた。

「しかし、鈴木さんの闘い方はホントに独特ですね。桜さんとはまた違った、異常な滞空時間を持つジャンプからのエンドレス飛翔脚。…メイドさんて、普通あんなことができるものなんですか?」

「まあ、オーナーのメイドになる前の経歴は不明ってことだしな。ここに来るくらいだ、後ろ暗い過去があってもおかしくはあるまい…俺もちょっと、あの手の流派には見覚えがないんだが。完全にオリジナルって可能性もあるわ」

「その通り! 鈴木流蹴術とでも名付けてもらいましょうか!」

聞こえていたのかヴォイドの解説に対し、蹴りながら返答する鈴木。

「あと乙女の過去を詮索するのは野暮ってものです! あなたはちっぱいだから許しますけど!」

やれやれといった様子でヴォイドがかぶりを振り、隣のローズも苦笑いを浮かべる。鈴木のこのちっぱい礼賛、おっぱいへのヘイトトークは入場した直後から飽きるほど繰り返されていたからだ。本来鈴木はオーナーからの罰として大会に参加させられたものの、賞金が稼げればいいという、遊び程度にしか考えていなかった。そんな彼女がここまで本気を出すのも、ひとえにランページ・ヴィーナスのバストサイズによるところが大きいだろう。ちっぱいにあらずんば人にあらずという歪んだポリシーを持つ鈴木にとって、二人ともB90を越えるこのチームはまさに不倶戴天の怨敵。1回戦でいきなり対戦が実現したのも何の因縁やら。

「はっ、はあっ…げほっ、げほおっ! うっ…このおっ!」

雫もやられてばかりではない。強烈な蹴打で上半身をボロボロにされながらも、持ちうる技術を駆使して何とか反撃を試みようとする。ナックルパート、ショルダータックル、ボディスラム…しかし、どんな技を出そうとも、ことごとく鈴木は踊るような動きで回避していく。それでいて距離は付かず離れず、自分の蹴りが届く間合いを維持しているため、鈴木の攻撃は途切れず雫には一旦仕切り直すことすら許されない。かろうじてミリアムと同じ運命を辿らずにいるのは、攻撃が胸にだけ集中しているおかげで、ガードが間に合ったり、歯を食いしばって耐えることができているため、というだけである。もし頭か腹に狙いを変えられたなら、もう雫は反応できずにあっけなく落ちることだろう。

「あははははっ! そんな重いものを二つもぶら下げているから、動きが鈍いんです!」

「…鈴木。そのセリフは、自分に突き刺さってないか?」

「ぐふうっ!!」

などと、完全に鈴木は雫のおっぱいを痛めつけることに夢中になり、試合とか忘れて楽しんでいるだけの状態。それでも一発一発は半端ではない威力を誇る蹴り、直撃を防いでいる雫の両腕にも限界が近づいてくる。徐々に感覚がなくなり、意思とは関係なくガードが下がったところで…

「いつまで亀みたいに丸まってるんです! そんなにその脂肪の塊が大事ですか!!」

再びその非常識なジャンプ力で雫の頭上にまで舞い上がると、やや華麗さも含んでいたこれまでの動きから一転。アクションスターめいた豪快なモーションから、ターゲットめがけて一気に右脚を振り下ろす! 

「あっ…ぎゃああああぁぁぁッッッ!!!!」

そのつま先は寸分違わず左の乳房を深々と抉り、乳腺が断裂する激痛にとうとう涙を流し絶叫する雫! さらに鈴木は間髪入れず、返す刀の左脚で右乳までをも蹴り上げる! いわゆる空中二段蹴りのバリエーションではあるが、並のバランス感覚で繰り出せるような技ではない。
そしてまだ終わりではないと言わんばかりに、スカートを翻して着地すると、吹き飛ばされロープを目一杯伸ばしてもたれかかっている雫に向き直る。…当然、次の瞬間には反動をつけてその肢体が戻ってくるわけで。双乳とも蹴り潰したことで満足したのか、完璧なタイミングでトドメの一撃、ボディを狙ったカウンターのミドルが叩き込まれる!

…しかし、この月島雫というレスラーは、今まで何度も駄目かと思われた試合を気持ちの強さだけで引っくり返してきた経歴の持ち主。どんなに絶望的な状況だろうと、彼女の辞書に諦めという言葉はない。
まして今回は、罠に嵌められここへ連れてこられたミリアムと一緒に、勝ち抜いて脱出するという目的がある。自分の身代わりとなって無残に倒れた親友のためにも、最後まで勝負を捨てるわけにはいかなかった。

「うわあ゛あ゛あああああッッッ!!!」

「んなっ!?」

ビキイッ!!

鈴木のミドルが入ったかと思った瞬間、その脚を両腕でキャッチした雫のドラゴンスクリュー! 反撃などまったく想定してなかった鈴木は完全にバランスを崩し、捻りを加えられてマットに横転する!
しかも倒れた際にアキレス腱を痛めたか、立ち上がろうとするも顔をしかめてすぐには起きられない。千載一遇のチャンスにすかさず雫はトップロープへ登ると、再びその反動を利用して鈴木顔負けの大きなジャンプから、渾身のフライングボディプレスで追撃!

「ぐふえっっ!!」

(…あれ? 今まであの蹴りが激しすぎたのと、私の攻撃はまったく当たらなかったせいで気が付かなかったけど。
もしかしてこの人…打たれ弱い?)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

第4試合 ギガントヴィエーディマ vs 忍拳潮流(2/2)PageTop第3試合 ランページ・ヴィーナス vs ちっぱいメイドズ(2/2)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tikaryona3.blog.fc2.com/tb.php/161-7f570f39

お知らせ

トーナメント本戦 組み合わせ表

トーナメント表1-2

トーナメント表2-2

上位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合 
甲斐姉妹vs
カワイイ幸子と愉快な仲間

☆第2試合
ブラックベリーvs
みこみこウォリアーズ

☆第3試合
春夏繚乱vs
ギガントヴィエーディマ

☆第4試合
ツヴァイシュメッタリンvs
The Childish

下位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合
ランページ・ヴィーナスvs
蒼黒の第五元素

☆第2試合
忍拳潮流vs退魔コンビ

☆第3試合
ちっぱいメイドズvs
ビッグ・ボンバーズ

☆第4試合
ダブルエックスvs
ギガントヴィエーディマ

参加タッグ一覧

タッグ01 タッグ02 タッグ03 タッグ03-c タッグ04 タッグ04b タッグ06 タッグ07 タッグ08 タッグ09 タッグ10 タッグ10b タッグ10c タッグ13 タッグ14

3期参加闘士一覧

地下3-1b 地下3-2 地下3-6 地下3-6b 地下3-6c 地下3-8 地下3-9 地下3-9b 地下3-10 地下3-11 地下3-12 地下3-12b 地下3-14 地下3-14b 地下3-16 地下3-17 地下3-19 地下3-20

地下3-3 地下3-5 地下3-13 地下3-15 地下3-15b 地下3-4 地下3-4b 地下3-7

地下3-Q 地下3-λ

最新コメント
最新記事
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。