FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルエックス プロローグ

エックスさんs イクスさんs

「様々な次元、時間を超越させる超常現象『ゆらぎ』によって、異世界より転移してきたレプリロイド、か…。
にわかには信じがたい話だが………」
 
CAの一室。手元にあるパソコンのデータと目の前の少女二人を見比べながら、今回の参加闘士受付スタッフの男はかぶりを振った。

「その身体が金属なのか粘土なのか、それすら我々の科学力では分からないのだ。
残念ながら、君達を元の世界に戻すことも、容易ではないだろう」
 
「そうですか…」

落胆した様子で肩を落とし、エックス…背が高く胸が豊満な方の少女が下を向く。
その傍ら、一回り幼い容貌で体つきも平坦な少女、イクスは知ってたと言わんばかりに無表情だ。
ぱっと見では十代前半の中○生と小○生にしか思えない二人であるが、肘や膝の関節部からは複雑な機械が露出しており、内部構造は人とまったく異なることを物語っている。


彼女達が『ゆらぎ』に巻き込まれ、この世界に現れたのは数週間前。
右も左も分からぬ場所で、何とか元の世界へ戻る手がかりを探すうち、一人の情報屋が接触してきた。
曰く、この世の物とは思えない超技術が集結する地下闘技場がある。そこへ行けばもしかすると、という話を聞いて、こうしてCAに乗船したのだが…。


「しかし、その現象は我々にとっても興味深い。
それに、君達のいた異世界の技術を学びたいという研究者も大勢いてね。どの道、今の地球上では、この船以上の科学力を有する施設はないと言っていい。
…そこでひとつ、取引をしようじゃないか」

「取引、ですか?」

顔を上げ、困惑した表情で小首をかしげるエックス。その繊細な仕草は、とてもロボットとは思えない。

「ああ。君達が元の世界へ戻れるよう、我々は『ゆらぎ』に関する研究を進めることを約束しよう。
また、君達さえよければ、その駆動系をメンテナンスすることくらいはできる」

「ホントですか!」

エックスの表情がぱっと明るくなる。『ゆらぎ』はもとより、次元移動の際身体の各部が機能不全に陥り、二人は本来の力を発揮することができなくなっていたのだ。特にイクスは顕著で、今は外見相応の能力しかない。
そして技術的に大きく劣るこの世界。メンテをせずに動ける時間は限られているため、これは二人にとって願ってもない申し出だった。

「…で。取引ってことは、私達は何をすればいいの」

その横で、冷静にイクスが尋ねる。純粋で人を疑わない姉と違い、彼女はこの男の言葉に信用できないものを感じていた。

「…近々、タッグで行う格闘技の大会があってね。君達にはぜひ、チームを組んで出場してもらいたい」

男の返答はエックスはもちろん、イクスにとっても予想外だったらしい。二人は同じように、揃って目をぱちくりさせる。

「えと、あの、それって……人間と、格闘技で闘う…ってこと、なんでしょうか」

「もちろん。他の参加者は、まあ例外もいなくはないが…大抵は生身の人間だ。それとも、レプリロイドとやらにも、ロボット三原則は適用されているのかね?」

「それは…いえ、闘うことは、できると思いますが…」

どう答えればいいか分からないといった様子で、エックスが言葉を濁す。人間に対して友好的にプログラムされた彼女は、そんなことを考えたことすらなかったのだ。
しかし、もしここで断り別の手段を探すとしても、何かアテがあるわけでもない。燃料が切れるか躯体にガタがきて、帰還を果たせず朽ちてしまう可能性の方が遥かに高いだろう。自分だけならまだいい…しかし、妹分であるイクスをも巻き添えにするのは、彼女にとって絶対に避けなければいけないことだった。
板ばさみとなって頭から煙を噴きだしてる姉を見やり、ややぶっきらぼうにイクスが口を開く。

「分かった。出場する」

「え、イクスっ…」

(…選択肢なんてないでしょ)

(それは、そうだけど…)

「グッド! では早速、手続きを始めようか」

「…そっちも、ちゃんと約束は守ってよね」

「取引だと言ったろう? 嘘はつかないのがビジネスマンさ」




諸々の書類に必要事項を記入し、詳しい説明を受け二人は退出する。エックスは終始煮えきらない表情だったが、結局イクスが説得した形となった。
他のスタッフに連れられ完全に部屋から離れたのをカメラで確認してから、応対していた男はおもむろに携帯を取り出す。

「…ああ、よくやってくれた。おかげでうまく、事は運んだよ。
わずかだが心ばかりのお礼を口座に振り込んでおいた。取っておきたまえ」

その相手は、エックス達にCAの存在を教えた情報屋。最初からCAは異世界のテクノロジーを簒奪する目的で二人を呼び寄せ、大会に参加させたのである。

人の持つ醜い欲望の渦に呑まれつつあることを、無垢なレプリロイドはまだ知る由もない。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プチエンジェルズ プロローグPageTop導入(ランページ・ヴィーナス)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tikaryona3.blog.fc2.com/tb.php/149-2460c5ca

お知らせ

トーナメント本戦 組み合わせ表

トーナメント表1-2

トーナメント表2-2

上位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合 
甲斐姉妹vs
カワイイ幸子と愉快な仲間

☆第2試合
ブラックベリーvs
みこみこウォリアーズ

☆第3試合
春夏繚乱vs
ギガントヴィエーディマ

☆第4試合
ツヴァイシュメッタリンvs
The Childish

下位トーナメント1回戦 対戦カード

☆第1試合
ランページ・ヴィーナスvs
蒼黒の第五元素

☆第2試合
忍拳潮流vs退魔コンビ

☆第3試合
ちっぱいメイドズvs
ビッグ・ボンバーズ

☆第4試合
ダブルエックスvs
ギガントヴィエーディマ

参加タッグ一覧

タッグ01 タッグ02 タッグ03 タッグ03-c タッグ04 タッグ04b タッグ06 タッグ07 タッグ08 タッグ09 タッグ10 タッグ10b タッグ10c タッグ13 タッグ14

3期参加闘士一覧

地下3-1b 地下3-2 地下3-6 地下3-6b 地下3-6c 地下3-8 地下3-9 地下3-9b 地下3-10 地下3-11 地下3-12 地下3-12b 地下3-14 地下3-14b 地下3-16 地下3-17 地下3-19 地下3-20

地下3-3 地下3-5 地下3-13 地下3-15 地下3-15b 地下3-4 地下3-4b 地下3-7

地下3-Q 地下3-λ

最新コメント
最新記事
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。